腸内環境が悪くなって眠れなくなってしまう

腸内環境が悪くなって眠れなくなってしまう

睡眠不足に悩んでいる方々は、世間では非常に多いです。現に私が以前に勤めていた会社の同僚も、よく睡眠不足に悩んでいましたね。しっかり寝ようと頑張るのですが、なかなか寝付くことができずに悩んでいる事が多かったです。
もしもあの同僚が腸内環境を改善していれば、その睡眠不足も改善されていたかもしれません

 

セロトニンが足りず睡眠不足に

 

そもそも何が睡眠不足の原因になっているかと言うと、メラトニンが足りない状況です。メラトニンというのは、ぐっすり眠る為に必要なホルモンの1つですね。何らかの原因で、そのホルモンの分泌が足りなくなってしまっている事があるのです
それが足りなくなってしまう原因は色々と考えられますが、その1つはセロトニンです。セロトニンが足りなくなってしまえば、メラトニンも足りなくなって、眠れなくなるという負の連鎖が発生する訳です。他にもノルアドレナリンがおかしくなってしまって、ちょっとメンタルの病気になってしまう事例も見られます。
ですのでセロトニンを増やす必要がある訳ですね。

 

腸内環境次第でセロトニンの生成が活発に

 

ところでそのセロトニンはどこで作られているかと言うと、大腸なのです。セロトニンの約9割前後は、その大腸によって生成されているという説もあります。
という事は、睡眠不足は腸内環境の悪化に起因している事があるのです。ですので腸内の環境を整えてあげれば、よく眠れるようになる可能性があるのですね。私が冒頭で申し上げた同僚に対しても、恐らくポジティブな効果があるでしょう。
サラリーマンの方々などは大事なお仕事に備えて、よく眠っておくのが必要と考えている事も多いです。普段のお仕事で頑張れるようにするためにも、腸内環境を整えてあげる事は必要でしょう